0120-722-757 受付時間9:00~18:00(土・日・祝日を除く) 制作に関する疑問・質問お伺いします!

ホームページ関連用語集

索引


アクションスクリプト

Flash(ホームページでよく写真や文字が動いているもの)内で使うスクリプト言語です。
これによりただ写真や文字を動かすだけでなくFlashに複雑な機能などを追加することができます。

アクセス

ここでいうアクセスとは、目的のホームページなどに訪れるということです。
誰かがアクセスするごとに数字がカウントしていくカウンターなどを設置しておくと、ホームページへアクセスがある度にカウントされます。
ホームページは誰かにアクセスして見てもらう必要があるので、このアクセス数をどうやって増やして行くかが大きく関わってきます。

アクセス解析

アクセス解析とは、ホームページに訪れた人の訪問データとったりすることができます。
特定のページにアクセス解析用の文字コードを入れておき、アクセス解析管理ページで訪問者のデータを見ることができます。
管理ページで、訪問者がどこのホームページから訪れたのか、どういうキーワードで検索して訪れたのか、
何日・何時何分に訪れたのか、どういうパソコンを使って訪れたのかなど、アクセス解析の種類によっては様々なデータを見ることができます。

アドレス

アドレスとは、簡単に言うと住所のことです。
【ホームページアドレス】 というのは、ホームページがある住所のことで、行きたいホームページのアドレスをアドレスバーに入力して、
その住所のホームページを見に行くことができます。
大体、目的のホームページ行くときは、ホームページアドレスを入力して行くか、検索サイトで検索して訪れます。

アドレスバー

アドレスバーとは、インターネットを見ている画面の一番上に表示されているホームページのアドレスが表示されている部分のことを指します。
この部分に表示されているのが今見ているホームページのアドレスになります。
他のホームページへいきたい場合は、ここのアドレスバーに訪問先のホームページアドレスを入力するという方法もあります。

アップロード

アップロードとは、ダウンロードとは逆の意味で、自分のパソコンにあるファイルなどをインターネット上にあげる行為のことです。
アップロードは、ホームページのファイルをインターネット上にあげて公開するときなどに使われることが多いです。
アップロードをするには、ファイルをあげる場所(サーバー) と、アップロード用のソフトを用意する必要があります。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、 「ホームページに広告を出して宣伝したい側」 と、
「ホームページで広告を宣伝して報酬が欲しい側」 とを効率よく結びつけた広告手法のことです。
アフィリエイト業者といわれる業者が、ホームページ上のシステムを使って 「広告を出したい側」 と、 「広告を宣伝したい側」 とを簡単に結び付けてくれます。
宣伝する側は無料で登録することができ、ホームページに広告を掲載して条件を満たすことで報酬をいただける仕組みになっています。
広告を出している側は、成果があったら支払うという方法もあるので、結果があったときだけ宣伝料金を支払うということもできます。

一時ファイル(キャッシュファイル)

画像や動画などの重たいデータを再度読み込む際に、パソコン内に一度ダウンロードしたデータを使って同じ物を再現するためのファイルを指します。再読み込みした時にネットワーク上から律儀にダウンロードしているとデータ転送量の増加や、読み込みまでの時間が改めてかかるため、それらの遅延を軽減するために利用されます。
ホームページを修正して正しくアップデートしたはずなのに直っていない、といった場合は、ほとんどこの一時ファイルを参照されているため古いデータが表示されています。

インデックス

プログラミング用語で検索、見出し、指数などを指します。
またGoogleなどの検索エンジンに登録される事も指し、検索結果に表示されることを「インデックスされる」という場合もあります。

インポート

違うアプリケーション、または他のPCで作成したデータ等、対象とは別の場所で作成されたデータ群を対象に取り込むことを指します。
アメーバやシーサー等のブログ記事を自分のサイトに新設したブログに取り込むようなケースは、アメーバからエクスポートして自分のブログにインポートする、といった使い方になります。

ウィルス

コンピュータウィルスとは、人に感染するウィルスとは違って、人間が作り出した悪意のあるプログラムのようなものだと思ってください。
インターネットの閲覧、ファイルのダウンロード、メールなどを介してウィルスに感染することがあります。
パソコンがウィルスに感染すると、感染したウィルスによって様々な症状が出ます。
世界には色んなウィルスが存在するので、インターネットをする際には何らかのウィルス対策ソフトや、セキュリティソフトをインストールしておきましょう。

SEO(エス イー オー)

SEO(エス イー オー)とは、検索エンジン最適化という意味です。
ホームページを探す人のほとんどが、Yahoo! や Google といった検索サイトから文字を入力してホームページを探しています。
つまり、検索エンジンで検索した最初の方に表示されるほど訪問されやすいということになります。
SEOは、その検索結果の上位を狙って訪問者を効率よく自分のホームページに引き入れる目的があります。
ネット上でよく見かけるSEOのサービスというものは、需要のあるキーワードを見つけ出したり、
ホームページが検索にかかり易いようにホームページの内容を工夫したりします。

HTML(エイチ ティ エム エル)

HTML(エイチ ティ エム エル) とは、分かりやすくいうとホームページの基礎を作っているプログラムのようなものです(実際はプログラムではありません)。
タグと呼ばれる特定の文字を使って、文字の大きさを指定したり、文字や背景に色をつけたり、
画像を表示したり、表を表示したり、他のページへリンクをしたりする事ができます。
最近は 「HTML」 よりも新しい 「XHTML」 で作るのが主流になってきています。
この辺はややこしいので、HTMLが古いタイプ、XHTMLが新しいタイプと認識しておくと分かりやすいと思います。

オーガニック検索

検索エンジンの検索結果画面で有料スペース以外の自然検索結果部分、または自然検索自体の事を指します。

オフィシャルサイト

企業や有名人が認めるWebサイト全般を指します。企業が自ら作成したホームページではなくとも、公認した結果オフィシャルサイトとして認知されたWebサイトも存在する。

オープンソース

プログラムのソースにおける秘匿性や二次利用によるライセンス料の徴収などを放棄し、誰にでもソースに触れられるよう広く公開されたソフトウェアを言います。ホームページのデータを格納するサーバーの多くはこのオープンソースOSが利用されています。またワードプレスやムーバブルタイプ等、CMSの多くもオープンソースで世界中のプログラマからプラグインが提供されています。

カーソル

パソコンを操作する上でかかせないマウスの位置を示す画面上の矢印を指します。マウスポインターとも呼ばれます。

改行(コード)

ホームページ上に掲載される文章を行を改めて行頭から再び開始することを指します。
またHTML内で改行させるにはそのための命令(コード)を入力する必要があり、そのコードを改行コード、改行タグを呼びます。

階層

ホームページを構成するファイルをまとめるために同じジャンルのhtmlファイルや画像ファイルなど関連性のあるファイル群をフォルダーにまとめる事がありますが、そのフォルダ階層を指します。 関連項目:ディレクトリ

カウンター

カウンターとは、ホームページに訪れた人を数字でカウントするものです。
ホームページの特定の場所にカウンターを設置しておくと、訪問者が訪問するたびにカウンターの数字が増えていき、
どれだけ訪問者があるのかという情報が分かります。
今日のカウント、昨日のカウント、総合カウントなどを同時に表示できるカウンターもあります。

カテゴリ

ホームページ上の情報のうち関連性のある情報を分類するための区分を指します。メニューの項目やサイトの読みやすさに直結しますので入念に設計するようにしましょう。

ガラケー(ガラパゴス携帯)

スマートホンが一般的になる前に、日本国内のみで発達した独特なニーズに対応するため製造されてきた日本製携帯電話を指します。
その独特の進化が、同じく特殊な環境下で独特に進化したガラパゴス諸島の生き物になぞらえられて、この呼び方が生まれました。

カラム

パソコン用語としては多くの意味を持つ単語ですが、ホームページ単体・特にこのサイトを利用される方が触れそうな利用シーンで見た場合に限って言えば「ホームページのデザイン上のブロック分け」といった表現が一番近いでしょうか。
本文が入るブロックの右または左にサブメニューを配置する事が多々ありますが、こういったサイトは2カラム、本文ブロックの左右をサブメニューで挟む場合は3カラムといった使い方がなされます。

環境

使用するパソコンやネットワーク回線、OSやブラウザ等のアプリケーション及びそのプラグインなど、使用者によって様々な組み合わせがありますが、その構成要素を環境と呼びます。
ホームページデザインの現場では様々な環境でも崩れないように制作する手段を持ち合わせているはずですが、まれに特殊な環境下でのみデザインが崩れたりしてしまう際に「お使いの環境は何ですか?」といった質問をされる事が多々あります。

完全一致

検索をした際に比較対象と検索ワードがもれなく一致する状態を指します。対象の先頭と一致する場合を前方一致、対象の末尾と一致する場合を後方一致といいます。

キーワード

【検索エンジン(検索サイト)】 でホームページを検索するときに使用するときの語句(キーワード)のことを表します。
適切なキーワードを入力する事で目的のホームページを探しやすくなります。

検索エンジン

検索エンジンとは、ホームページを検索できるサイトのことです。
サーチエンジンとも呼ばれます。
何個かのキーワードを入力エリアに記入して、横にある検索ボタンを押すことで記入したキーワードで目的のホームページを探すことができます。
大体人気があるホームページが検索結果の上位に表示されるようになっています。有名な検索サイトは Yahoo!、Google、MSN などがあります。

コンテンツ

内容、中身のこと。
コンテンツの充実したサイトとは内容の充実したサイトということ。

サイト

サイトとは、WEBサイトの事です。
【ホームページ】 という言葉と同じ意味です。
内容は上に書いているホームページ項目とほとんど同じです。

サーバー

ここで言うサーバーは簡単に言うとホームページを置いておく場所(コンピューター)。
通常データセンターなどの施設内に設置してあります。
社内のデータを格納して管理し、社員が必要なデータを呼び出したり更新したりする社内にあるコンピューターもサーバーです。
アドレスを入れるとホームページが閲覧できるということは、アドレスがサーバーに繋がり、サーバーからホームページをダウンロードしているということです。

ジャバスクリプト(JavaScript)

ブラウザ上で動くスクリプト言語。
CGIやPHPなどがサーバー側で動いているのに対し、JavaScriptは閲覧者側のパソコンで動いています。
ブラウザの種類により動作の違いがありますが、昨今ではその違いが少なくなりました。
技術的にもECMAScriptやDOM、Ajaxなどいくつかの技術があります。
ちなみにJavaScriptを最初に開発したのはネットスケープ社で、プログラム言語のJAVAとは関係はありません。

CSS(シー エス エス)

CSS(シー エス エス)は、スタイルシートとも呼ばれます。
HTML(XHTML)の手助けをするものだと思ってください。HTMLで基礎のタグを作っておいて、それにCSSでデザインをつけていくみたいな作り方をします。
ホームページを作るうえでは HTML だけでも作れるのですが、CSSを使うことによって簡単に複数のページのデザインを変えたり、細かい表現をすることができるので非常に便利です。

CGI(シー ジー アイ)

CGI(シー ジー アイ) とは、訪問者の影響でページ内容が変わるようなもの。
例えば掲示板、チャット、カウンター、ブログ、アクセス解析、メールフォーム、ショッピングカートなどに使われているプログラムを動作させるための仕組みのことです(CGIを扱うには専門的な知識が必要)。
CGIを利用するにはCGI用のプログラムファイルを、あなたのホームページを置く場所であるサーバー上にアップロード(ネットに送る)する必要があります。
CGIを作るにはプログラムの知識がなくては作ることができません。
上で紹介しているホームページの基礎である HTML(XHTML) よりも、さらに専門的なプログラムの知識が必要となります。

ステイタス・コード

クライアント側(パソコン側)からのリクエストに対する処理結果を示す数値。
404 Not Found・500 Internal Server Errorなどホームページが閲覧できない時などに出るものです。

スクリプト言語

プログラム言語の一種ですが、C言語やJAVAなどに比べ手軽に書ける簡易プログラム言語です。
Perl、PHP、JavaScriptなどがスクリプト言語です。

スタイルシート

webページのレイアウトを定義する技術です。
CSSと同一に扱われていますが、厳密にはCSSはスタイルシートを表現するための言語の一つです。
最近では、文書表現をするHTMLとデザイン表現をするスタイルシートを別ファイルに分けるようになっています。

脆弱性

ソフトウェアの仕様・バグといった欠陥にウィルスや悪意を持ったハッカーが攻撃する際の強度を指します。またソフトウェア的な部分だけでなくハードウェア的な弱点も脆弱性と呼ぶ。

セキュア

英語の「security(セキュリティ)」の形容詞で、まさにそのまま使用されます。ウィルスやハッキングに強いサーバーを「セキュアなサーバー」と呼んだりします。

セキュリティ

一般的に安全や保障といった意味合いで使われますが、ITの分野に置き換えてみると高度な暗号化や、想定外の動作がおきにくい制御機構を指して使用されます。

全角文字

おおまかに言うと漢字・ひらがな・カタカナといった日本語全般をパソコンで扱うには2バイトで表現する必要があり、2バイト以上で表現される文字全般を指します。逆に言えば2バイト以上で表現される文字であればアルファベットや数字も全角文字とされ、全角で入力されたメールアドレスがエラーになってしまったりします。
検索エンジン対策に英数字は全角/半角どちらが良いかと言った議論もありますが、URLやメールアドレス等のパソコンの機能的な物に関係ない文言である場合は、どちらでも変わりなく認識する、とされています。

ソース

ソースとは、ホームページの編集部分(中身の文字部分)のことです。
ホームページの基本はHTMLやCSSと呼ばれる専用の文字の組み合わせで作られており、これらで作ったものをブラウザソフトで閲覧することで、
今見ているようなホームページの状態で見ることができます。ホームページの構造や中身を調べたい、ホームページを修正した場合などに便利です。

ダグ

タグとは、上で紹介したHTML(XHTML)に使用する特定の文字の事です。
<html> ←このようなカッコと、中の英字がHTMLタグと呼ばれ、中に書いてある英字がタグの効果を表します。

ダウンロード

ダウンロードとは、インターネット上からソフトやファイルなどを自分のパソコンへ保存する行為のことです。
ダウンロードしたファイルは、複製して保存するのでインターネット上のファイルがなくなることはありません。

ディレクトリ

フォルダのことです。ファイルをグループ分けして置く階層のこと。

ドメイン

ドメインとは、便利で覚えやすいホームページアドレスだと思ってください。
ドメインは基本的にはアドレスだけのことです。このアドレスだけで月額費用がかかります。

内部設計

ホームページ制作の分野での話に限定すれば、デザインやメインビジュアル等目に見えない導線部分の設計を指し、通常はサイトマップやフローチャートといった図で可視化された資料で、打ち合わせを行います。
不動産サイトや中古車販売サイトといったユーザーが辿る事のできるページが多いサイトでは非常に重要な部分を占め、この設計でサイトの正否が決まるといっても過言ではないので、面白みのない資料となるかもしれませんが、入念にチェックするべきです。

内部対策

リンクを貼ってサイトの価値を高める外部対策と対を為す行為で、原稿の量を増やす、HTML構造をよりGoogleに向けて最適化する、といった事でホームページの価値を高める施策を指します。
近年の検索エンジンは非常に賢いロジックで不正を発見するため、この内部対策に比重を置いて対策をする事が主流となりつつあります。

ナビゲーション

グランドメニューを含むサイトの導線全般、またはグランドメニュー自体を指し、その際は「グローバルナビ」と呼ばれる事もあります。
メニューの項目はサイト内のカテゴリへユーザーを誘導するための大事な部分となりますので、厳選された項目を設置すべきです。

認証

ログインを要するコンテンツ(SNSやネットショッピング等)のログインしようとするユーザーと実際に登録したユーザーが正しく紐づいているか、どうかを確認するための工程を指します。認証方法としてはID(またはメールアドレス)とパスワードの入力が一般的ですが、成り済ましや情報漏洩等、敵意ある第三者に暴かれやすい手法であるため、近年では指紋認証等、他の方法も実験的に導入されつつあります。

ネチケット

ネットワークエチケットの略で、そのままネットワークにおける(独特の)エチケットを指します。2ちゃんねるやニコニコ動画等、そのコミュニティ特有のルールが設定されている事もあるので、ひとくくりに出来ないという意味では現実のエチケットとそう変わりが無いと言えます。

ネット

広義な意味でネットワーク全般を指し、使う場所によって様々に意味を変えますが、一般的にはインターネットという意味で捉えても問題ないでしょう。特にこのサイトを利用する方々には「インターネット」で間違いありません。

ネットショップ

ホームページ上で買い物ができるサイトを指します。実態のある商品以外にも音楽ファイルや映画等、商材は幅広くなりつつあり、近年ではネットでの購入に慣れたユーザーも多いため、企業の新たな販売チャンネルとして実店舗並に取り組む必要性もあります。

ネットマーケティング

販売プロモーションにおける、インターネット・ホームページの分野に特化した戦略を指します。上手に運用すれば他媒体の追随を許さないほどの費用対効果が見込めるため、近年この分野の専門家に注目が集まっています。

ネットワーク

インターネットやLANなどでコンピューター同士が繋がっていること。または繋がっているシステム全体のこと。

ノーリファラー

ホームページからホームページへ移動する際に、前に見ていたページを参照元と称するのですが、この参照元が無い状態をノーリファラーと呼びます。
状態としては、新規ウィンドウを開いた後にURLを直接入力するか、ブックマークから直接ジャンプしてきた場合を指します。アクセス解析をしている際によく出てくる単語ですが、この場合でいえばまさに「ブックマークから来た人」として扱われる事が多いでしょう。

ノンリニア編集

動画を扱わない方たちには、今となっては見る事すら珍しい磁気テープ(VHSやβ)を使用して撮影した動画を編集する事をリニア編集と呼び、この逆=磁気テープを使用せずHDDなどのデジタル素材を使用した編集の事をノンリニア編集と呼びます。
先述の通り今となっては撮影の現場でも珍しくなりつつあるので「編集」と注釈なく言われる場合は、ノンリニア編集である事が多いです。

ハイパーリンク

文書のある部分と別の文書を連結づけること。いわゆるリンク。その機能を持ったものをハイパーテキストという。

ビッグデータ

twitterやfacebookといった個人ユーザーの集合体が発信する、データを特定の条件(時間あたりの発言数や、そのトピックス)で絞り込んで企業の市場調査に利用できるように加工したデータを指します。
マスの要望を汲み取る事には使えると思いますが、一企業のホームページの改善には恐らく使えないデータだと思います。

被リンク

他サイトからリンクされること(してもらうこと)。
相互リンクはお互いのサイト同士リンクしあうこと。
SEO対策には被リンクの数が重要となりますのでいろんなサイトからリンクしてもらいましょう。
関連のあるサイトの方がいいですよ。

ブラウザ

ホームページを見る為のソフトです。これがないと通常のwebは閲覧できません。
windows標準搭載のInternet Explorerが圧倒的シェアを占めています。
各ブラウザにはバージョンがあり、スタイルシートやJavascriptはブラウザの種類やバージョンによって表示や動作に差があったりします。

フラッシュ

adobe社が開発、販売している動画作成ソフト。またはそのソフトで作られたファイルです。
よくホームページ上で写真や文字が動いているものです。
拡張子は.swfとなり、Action Scriptという独特のスクリプト言語が使え複雑な動きや処理も可能となります。

マッシュアップ

Google,Yahoo,AmazonなどのAPIを利用、組み合わせて作る新しい独自サービスの形、手法。Googleの地図サービスを利用した情報サイトなどがその一例。

マークアップ言語

テキストファイルにタグで構造や装飾などの指示を記述していく言語。コンピューター言語のひとつ。
タグでの指定をマークアップというのでマークアップ言語という。
マークアップ言語で代表的なものがHTML。

右クリック

マウスに付属する右側のボタン、またはボタンの右側をクリックする事。環境設定・使用中のアプリケーションによって動作は異なりますが、通常であれば「開く」や「コピー」といったショートカット系の操作が可能となり、作業効率の向上に繋がる事もあります。

ミニブロク

Twitterをはじめとする1投稿あたり150〜200文字程度の短いブログを指します。Twitterリリース当時としては極端に短い文字制限による、緩いつながりを目指したSNSの一種です。
短い文章を頻繁に発信する、というスタイルが万人に受け入れられた結果爆発的な広がりを見せて、現在では下手なフル機能のSNSを凌駕する広告媒体と化しています。

明朝体

毛筆のような「払い」、「ハネ」、「止め」が特徴的な書体全般を指します。
また縦方向の線が横方向の線よりも太い場合も多いのが特徴です。

メタタグ

このファイルはこの文字コードでキーワードが何々でページ内容はこんな感じでできてますよというような情報(メタ情報)をブラウザや検索ロボットに知らせるためのタグです。
ページの頭、<head></head>内に記述します。

ユーザビリティ

使い勝手のよさのことです。
様々な機能になるべく簡単な操作でアクセスできることや、使っていてストレスや戸惑いを感じないことなどが、優れたユーザビリティにつなります。

リンク

ページとページがインターネット上で繋がること。あるいはサイト同士が繋がること。

レジストラ

レジストラは、レジストリから認定されたドメイン登録業者です。
レジストリの管理するドメインのデータベースに対して直接ドメインの登録を行うことができます。

レジストリ

ICANNから認定を受け、ドメイン名の登録管理 および DNS情報 のデータベース管理組織のことです。

.com VeriSign社(ベリサイン)
.net
.JP 日本レジストリサービス(JPRS)
.info アフィリアス

サイト制作項目
新規ホームページ制作 新規ホームページ制作
ホームページをまず制作される前に決めて頂きたい事が
ホームページリニューアル ホームページリニューアル
ホームページリニューアルとは、カラーや画像など…
SEO対策 SEO対策
SEOとは「Search Engine Optimization」(サーチエンジンオプティマイゼーション)の略であり…
バナー制作 バナー制作
ウェブページ上に、画像やテキストを貼り付けるタイプのインターネット広告…
モバイルサイト制作 モバイルサイト制作
各キャリアが打ち出す端末の多機能化と…
システム開発 システム開発
「システム開発」とは、サーバを買うことでも…
このページの先頭へ